大腸の内視鏡検査を受けるときと言えば、便秘が続いたり腹痛を訴えたりしたときがあるでしょう。また、血便が出てしまったときは慌てて病院に駆け込むこともあるかもしれません。大腸の内視鏡検査を受けるときは、内視鏡を肛門から挿入しますので、初めて受ける人ならだれでも抵抗感があるでしょう。しかし、実際に受けてみると、覚悟していたほどではなかったという意見が多く聞かれます。痛みなどを伴うこともなく終わるようです。内視鏡検査は腸の中を検査するわけですから、検査日当日までに腸内を整えておく必要があるようです。まず数日前から自宅でできる方法で準備をはじめます。薬などを服用したりして、腸の働きを活性化して置きます。そして検査当日と前日には食べ物の制限があります。

これは人間ドックや定期健康診断でも同じですが、前日の何時以降は食事を摂ってはいけないということがあります。そして検査の準備として腸をきれいにするための薬剤を服用します。これは胃の検査のときと同じ要領ですね。数回これを繰り返して、腸の中を完全に洗浄します。そしていよいよ内視鏡が入ります。自分でもモニターを確認することができるようになっている病院が多いようですから、自分の腸の中のどこにどんな腫瘍があるのかはっきりわかるようになっているのです。腫瘍が見つかれば、細胞を採取して検査を行います。よく良性ポリープや悪性ポリープなどを耳にしますね。この検査で良性か悪性かを判断することになります。この大腸の内視鏡検査で判明する病気には、どんな病気があるのでしょう。

まず一番怖いのが大腸がんや大腸ポリープでしょう。腸の中はどの部分にもがんが発生するようになっています。なかでも直腸結腸とS状結腸にできやすいことがあるようです。それ以外にもさまざまな大腸炎があります。これらはどの病気も同じですが、早期発見が大切になります。早期の段階に見つけ出し正しい治療を施してもらうようにしましょう。このような大腸の病気を早期に発見する為には、定期的に内視鏡検査を受けることをおすすめします。普段自覚症状のない人でも進行性の大腸がんにかかっていることもあるようです。早期に発見できれば、内視鏡だけで治療が完了することもありますので、患者の負担は少なくて済みますね。自覚症状がなくても、年に1回は定期健康診断の一つとして、受けてみてはいかがでしょうか?内視鏡検査に定評のある病院は口コミなどでも載っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です